防犯意識

防犯カメラは一戸建ての場合は、基本的には室外に取り付けます。外部からの侵入者に警告を発する意味でかなり高い効果があります。一戸建てへの外部からの侵入者は、人の目を気にして死角から侵入します。塀や道、隣の家の窓など人の目の死角をついて侵入するのです。そのときに家に死角がないようにカメラを配置していたら、危険だと思い侵入しないのです。

マンションの場合は、外部からの侵入は入り口や窓から行います。エントランスには管理人の目やカメラが設置されていますが、住人や尋ね人を装い簡単に侵入してきます。そのため個人の入り口に設置しておくと効果があります。また高層階であっても、屋上から降りてきますので安心はできません。ベランダに設置しておいたほうが無難だといえます。

一戸建てもマンションも室外とは逆に室内では目立たないカメラを設置したほうがよろしいでしょう。すでに侵入しているために、大胆な行動にでる恐れがあります。物やカメラ自体を壊されるより、証拠を残すためにも目立たないものがよろしいのです。防犯カメラは窃盗の抑止力になるものですが、それをつければ安全というわけではありません。安心して施錠を忘れては意味を成しませんので、普段から防犯意識は忘れないでください。

効果と取り付け

以前の防犯カメラは一目見ただけでカメラと分かるもので、いかにも“カメラ”だというものでした。店舗機材を販売するメーカーではそれを模したダミーカメラが販売され、本物に混ぜることにより、効果的に万引きの防止に努めていました。現在では防犯カメラは一言で言い表せないほどに種類が増えています。

防水や防塵対策を行った室外カメラと室内用のカメラはもちろんのこと、常に撮影するのではなく、動いたものに反応して撮影を開始するカメラLED照明や赤外線で夜でもハッキリと写すことができるカメラカメラと認識されないようにカモフラージュされたものなどがある、カメラそのものはこれらの機能を組み合わせたものを含めますとかなりの数になります。

最初の項で示したように、現在は無線が主流であり、取り付けは簡単に行えます。防犯意識の高いかたは、自分で行ってもよろしいかと思いますが、初心者のかたはやはり業者に任せたほうが無難といえるでしょう。先ほどより記しているように、防犯カメラは場合によっては、わざと目立たせたり逆に隠したりと、地域や特性によって使い方や設置場所により効果が変わってきます。意識の高い方はそれを研究していますが、初心者ですと難しいものがありますので、やはり始めての場合は業者と相談したほうが無難だといえるのです。

推奨サイト|監視カメラ設置〔アロバビュー〕

監視カメラが持つ力

防犯カメラそのものに犯罪を止める力はありません。ですが抑制する力は持っています。どういう意味かと申しますと、防犯カメラには警察官のように犯罪を犯している人を直接捕まえる力はありません。固定された機械ですので、当然といえば当然です。ですが防犯カメラは犯罪を犯している現場を映す証拠としての能力があります。つまりその場では捕まえることはできなくても、犯罪を立証する証拠能力を有しているのです。犯罪、特に窃盗で証拠を残すことは逮捕に繋がります。そのためカメラがあるというだけで、その場所での犯行を避ける、つまり抑制に繋がるのです。

壊してしまえば証拠は残らないと思われがちですが、他人のカメラを壊す=器物破損という罪になりますし、カメラは一台とは限りません。窃盗犯、特に常習犯は用心深いものですから、カメラが作動している家(防犯意識のある家)を無理に狙うより、自分にとって安全な家(防犯意識の薄い家)に移動するのです。窃盗犯はドラマや漫画のような予告状を送りつける怪盗ではありません。難しいものにチャレンジするハッカーでもありません。特に常習犯にとっては生活の一部であり、短時間で済ませ危険を冒すことは行いません。そのため防犯カメラというのは、彼らに防犯意識があるという意思表示を示し、抑制になるのです。