監視カメラが持つ力

防犯カメラそのものに犯罪を止める力はありません。ですが抑制する力は持っています。どういう意味かと申しますと、防犯カメラには警察官のように犯罪を犯している人を直接捕まえる力はありません。固定された機械ですので、当然といえば当然です。ですが防犯カメラは犯罪を犯している現場を映す証拠としての能力があります。つまりその場では捕まえることはできなくても、犯罪を立証する証拠能力を有しているのです。犯罪、特に窃盗で証拠を残すことは逮捕に繋がります。そのためカメラがあるというだけで、その場所での犯行を避ける、つまり抑制に繋がるのです。

壊してしまえば証拠は残らないと思われがちですが、他人のカメラを壊す=器物破損という罪になりますし、カメラは一台とは限りません。窃盗犯、特に常習犯は用心深いものですから、カメラが作動している家(防犯意識のある家)を無理に狙うより、自分にとって安全な家(防犯意識の薄い家)に移動するのです。窃盗犯はドラマや漫画のような予告状を送りつける怪盗ではありません。難しいものにチャレンジするハッカーでもありません。特に常習犯にとっては生活の一部であり、短時間で済ませ危険を冒すことは行いません。そのため防犯カメラというのは、彼らに防犯意識があるという意思表示を示し、抑制になるのです。