効果と取り付け

以前の防犯カメラは一目見ただけでカメラと分かるもので、いかにも“カメラ”だというものでした。店舗機材を販売するメーカーではそれを模したダミーカメラが販売され、本物に混ぜることにより、効果的に万引きの防止に努めていました。現在では防犯カメラは一言で言い表せないほどに種類が増えています。

防水や防塵対策を行った室外カメラと室内用のカメラはもちろんのこと、常に撮影するのではなく、動いたものに反応して撮影を開始するカメラLED照明や赤外線で夜でもハッキリと写すことができるカメラカメラと認識されないようにカモフラージュされたものなどがある、カメラそのものはこれらの機能を組み合わせたものを含めますとかなりの数になります。

最初の項で示したように、現在は無線が主流であり、取り付けは簡単に行えます。防犯意識の高いかたは、自分で行ってもよろしいかと思いますが、初心者のかたはやはり業者に任せたほうが無難といえるでしょう。先ほどより記しているように、防犯カメラは場合によっては、わざと目立たせたり逆に隠したりと、地域や特性によって使い方や設置場所により効果が変わってきます。意識の高い方はそれを研究していますが、初心者ですと難しいものがありますので、やはり始めての場合は業者と相談したほうが無難だといえるのです。

推奨サイト|監視カメラ設置〔アロバビュー〕