防犯意識

防犯カメラは一戸建ての場合は、基本的には室外に取り付けます。外部からの侵入者に警告を発する意味でかなり高い効果があります。一戸建てへの外部からの侵入者は、人の目を気にして死角から侵入します。塀や道、隣の家の窓など人の目の死角をついて侵入するのです。そのときに家に死角がないようにカメラを配置していたら、危険だと思い侵入しないのです。

マンションの場合は、外部からの侵入は入り口や窓から行います。エントランスには管理人の目やカメラが設置されていますが、住人や尋ね人を装い簡単に侵入してきます。そのため個人の入り口に設置しておくと効果があります。また高層階であっても、屋上から降りてきますので安心はできません。ベランダに設置しておいたほうが無難だといえます。

一戸建てもマンションも室外とは逆に室内では目立たないカメラを設置したほうがよろしいでしょう。すでに侵入しているために、大胆な行動にでる恐れがあります。物やカメラ自体を壊されるより、証拠を残すためにも目立たないものがよろしいのです。防犯カメラは窃盗の抑止力になるものですが、それをつければ安全というわけではありません。安心して施錠を忘れては意味を成しませんので、普段から防犯意識は忘れないでください。